Warm Current (1966) / 暖流

『暖流』(だんりゅう)は、『朝日新聞』に掲載された岸田國士の長編小説を原作とした1966年の映画化作品である。3度目の映画化になる。

 ・ amazon : Warm Current (1966) / 暖流

 ・ Youtube : Warm Current (1966) / 暖流

Warm Current (1966) / 暖流のあらすじ

昭和10年代の東京。 名門私立病院である、志摩病院の経営は、破綻の危機に瀕していた。 院長の志摩泰英(笠智衆)は、病院の再建をかけて、若き実業家の日疋祐三(ひびき ゆうぞう)(平幹二朗)に、経営の全てを託す。 突然の大胆な病院改革に、反発する医師たち。志摩家の人々との、心のすれ違い。 日疋は、看護婦の石渡ぎん(いしわたり ぎん)(倍賞千恵子)を利用して、複雑に入り組んだ病院の内情を把握しようと試みる。 ぎんは日疋に淡い恋心を抱くが、一方の日疋は、院長令嬢の啓子(岩下志麻)に思慕の情を寄せていた。 病院経営の行き詰まりに目を付けて、病院乗っ取りをはかるものたちが台頭し始めた。 院長の死は病院乗っ取り派の連中にはもっけの幸だったが、日疋は関西の資本家を動かすことに成功、新院長も決定し、乗っ取り派を追放することができた。病院が新しい組織と陣容で立ち直ったのを見た日疋は辞表を提出することに決めた。病院をやめ派出看護婦となったぎんは、最後の機会にと啓子を呼び出したが、啓子も今は日疋に愛情を抱いていた。二人は互いに日疋との結婚を胸に秘めて、冷い空気の中で別れた。志摩家を訪れた日疋は、陽の傾いた波打際で、啓子から愛情を打ち明けられたが、「あなたは僕のことなんか考えないで、どこまでもあなたの夢を育てなさい。今日あなたとこんな静かに会えるのは、きっと僕が、石渡君と結婚の約束をしたからなんですよ」こう語るのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Demon (1978) / 鬼畜

  2. Five Petals of Camellia (1964) / 五瓣の椿

  3. Shadow Within (1970) / 影の車

  4. River Shinano (1973) / しなの川

  5. Three Undelivered Mails (1979) / 配達されない三通の手紙

  6. Une vie (1967) / 女の一生

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。