Three Undelivered Mails (1979) / 配達されない三通の手紙

『配達されない三通の手紙』(はいたつされないさんつうのてがみ)は、1979年制作の日本映画。

エラリー・クイーンの推理小説『災厄の町』(Calamity Town)を野村芳太郎監督が映画化した作品で、新藤兼人が脚本を執筆している。

 ・ amazon : Three Undelivered Mails (1979) / 配達されない三通の手紙

 ・ youtube : Three Undelivered Mails (1979) / 配達されない三通の手紙

 ・ Hulu : Three Undelivered Mails (1979) / 配達されない三通の手紙

原作の舞台はアメリカだが、舞台を山口県萩市に移し替え、地方の上流家庭の美しい3人姉妹の葛藤から恐ろしい殺人事件が起こるという設定に変更した。映画業界では、昔から翻訳物は成功しないといわれていたため、新藤と野村は「そのジンクスを破ってみせる」と話した。

Three Undelivered Mails (1979) / 配達されない三通の手紙のあらすじ

山口県萩市にある旧家の唐沢家には、光政(佐分利信)と妻のすみ江(乙羽信子)、それに麗子(小川眞由美)、紀子(栗原小巻)、恵子(神崎愛)の3人の娘が暮らしている。ある日、この家にボブ(蟇目良)というアメリカ人の青年がやって来た。彼は日本文化を学ぶために来日、伯父である光政を頼って来たのだ。

紀子は父の経営する銀行の行員である藤村敏行(片岡孝夫)と結婚することになっていたが、3年前に敏行が突然失踪して以来、部屋に引きこもって魂の抜けたような生活を送っていた。ある日、その敏行が突然帰って来た。紀子は大喜びし、久々に笑顔が戻った。それから数日後、紀子は敏行の本の間に挟まれた3通の封筒に入った手紙を見つける。それを読んだ紀子は驚いた表情を見せる。

その様子を見ていたボブと恵子は、手紙をこっそりと盗み見した。その手紙は全て、敏行の妹・智子(松坂慶子)に宛てられたものだったが、内容は恐るべきものであった。やがてその手紙に書かれた通りの事件が起こり、紀子が負傷、さらに智子が死んでしまう。

関連記事

  1. Five Petals of Camellia (1964) / 五瓣の椿

  2. Shadow Within (1970) / 影の車

  3. River Shinano (1973) / しなの川

  4. Une vie (1967) / 女の一生

  5. The Demon (1978) / 鬼畜

  6. Warm Current (1966) / 暖流

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。