Suspicion (1982) / 疑惑

『疑惑』(ぎわく)は、松本清張の推理小説を原作とした1982年の松竹配給映画。製作は松竹・霧プロダクション、原作の焦点は新聞記者・秋谷に当てられているが、映画では、桃井かおり演じる被疑者・球磨子と、岩下志麻演じる女性弁護士・佐原の心理的関係に焦点が当てられている。

 ・ amazon : Suspicion (1982) / 疑惑

 ・ Youtube : Suspicion (1982) / 疑惑

 ・ Hulu : Suspicion (1982) / 疑惑

Suspicion (1982) / 疑惑のあらすじ

富山新港湾の岸壁で、鬼塚球磨子(くまこ)(桃井かおり)と夫・白河福太郎(仲谷昇)の乗った車が、時速40キロのスピードで海へ突っ込み、夫が死亡する事件が起こった。球磨子は車から脱出し助かっていたが、保険金狙いの殺人と疑われ警察に逮捕される。新聞記者の秋谷茂一(柄本明)は、球磨子の過去の新宿でのホステス時代、暴力団員とつるんで詐欺・恐喝・傷害事件を起こし、北陸の財産家である福太郎と結婚後はすぐ、夫に巨額の生命保険をかけた…を詳細に報じた上で、球磨子を「北陸一の毒婦」と糾弾する記事を書いた。秋谷の記事を契機に他のマスコミも追随、日本中が球磨子の犯行を疑わないムードになった。球磨子の弁護人も辞退が続出する中、佐原律子(岩下志麻)が弁護人となる。球磨子の犯行を確信する秋谷は、佐原に状況を覆す力はないと高をくくっていた。

関連記事

  1. Village Of The Eight Tombs (1977) / 八つ墓村

  2. The Incident (1978) / 事件

  3. Zero Focus (1961) / ゼロの焦点

  4. The Chase (1958) / 張込み

  5. Bad Sorts (1980) / わるいやつら

  6. The Castle of Sand (1974) / 砂の器

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。