Shadow Within (1970) / 影の車

『影の車』(かげのくるま)は、松本清張の短編小説『潜在光景』を原作とする映画。監督、野村芳太郎、脚本、橋本忍の松竹作品。1970年度キネマ旬報ベストテン第7位に選出されている。

 ・ amazon : Shadow Within (1970) / 影の車

 ・ Youtube : Shadow Within (1970) / 影の車

 ・ Hulu : Shadow Within (1970) / 影の車

Shadow Scene (1970) / 影の車のあらすじ

都心から80分ばかりかかる住宅地に住む浜島幸雄(加藤剛)は、会社帰りのバスの中で、小磯泰子(岩下志麻)から声をかけられ、学生時代以来の再会をする。1週間後、再びバスの中で遭遇した泰子は、家に立ち寄るよう勧めた。思い切ってバスを降りた浜島は、泰子が夫を失い、保険の集金の仕事をしながら、六歳の健一という名前の息子と二人で暮らしているのを知る。泰子の態度に、妻には見られないやさしさを感じる浜島。他方、浜島の妻(小川真由美)は、それほど温かい気持ちの女ではなく、家の中は索漠としていた。浜島と泰子の間は急速に進み、二人は結ばれる。少ない収入にもかかわらず、浜島に心から仕える泰子。しかし、息子の健一はひどく人見知りし、一向に浜島に馴れない。泰子と話をしていても、健一の存在が煙たく、気持ちにひっかかってくる浜島。浜島はふと、自分の小さいときの記憶を途切れ途切れに思い出すようになったが、その記憶に潜在する光景が、現在の浜島に思わぬ影をもたらす。

関連記事

  1. Une vie (1967) / 女の一生

  2. Five Petals of Camellia (1964) / 五瓣の椿

  3. Three Undelivered Mails (1979) / 配達されない三通の手紙

  4. River Shinano (1973) / しなの川

  5. The Demon (1978) / 鬼畜

  6. Warm Current (1966) / 暖流

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。